クレジットカードを持っているなら電子マネーを利用しないと勿体ない

以前の私はクレジットカードをとても毛嫌いしており、ずっと持つことを否定していました。ある日を境に利用するようになり、今ではカードが無い生活は考えられない状態にいます。
それと同様に食わず嫌いをしていたものが電子マネーです。

ずっと避けてきましたが、ポイントに釣られて物は試しと利用してみると、支払いの際に小銭をわざわざ出したり数えたりする必要がなく、とても決済がスムーズだということに気がついた私は、複数の電子マネーに手を出してしまうほどのめり込みました。もうこれ以上ないくらいの手のひら返しですね。

今現在目的ごとに使い分けている電子マネー4種(suica、楽天edy、quicpay、nanaco)

  • suica   → 通勤等電車利用・駅の構内のちょっとした買い物に
  • 楽天edy → メインで利用。普及率No,1電子マネー。使えるところは大体これ
  • quicpay → 200円未満の買い物に利用。(楽天edyが200円未満のポイントがつかないため)
  • nanaco  → 公共料金や税金等の支払

私の場合、4つの電子マネーを全てスマホアプリに登録していて、上記のような感じで目的・店舗毎に使い分けをしています。
suicaと楽天edyの2つはオートチャージの設定が可能です。オートチャージ設定を行うとチャージの手間も省く事ができますので利用がさらに便利になります。
quicpayは「ポストペイ」と呼ばれる後払い方式で、そもそもチャージを必要としない電子マネーです。使用感はクレジットカードとあまり変わらないですが、暗証番号・サインを必要としない分クレジットカードよりも利用が簡単です。

この中で一番利用率が高いのは楽天edyです。先ほども言いましたが普及率がNo,1で使えるお店が単純に多いことが理由となります。
200円未満の買い物にはquicpayがおススメです。楽天edyの場合200円毎に1ポイント付与に対し、quicpayは月の利用額に対しての付与なので、低額での利用でも無駄にしないようにすることができます。若干せこいかもしれませんがちりも積もれば・・・というやつですね。
(ポイント付与率は利用しているクレジットカードの設定に依存します。)

電子マネーを導入して感じたメリットまとめ

  • ポイントが貯まる。
  • レジの支払時間が短くなる。(レジの人が不慣れでもたつく可能性はありますが)
  • 小銭の利用が減る。

ポイントを貯めつつ、支払いの煩わしさも低減しましょう。また、小銭を利用する頻度が少なくなるため、財布の中の小銭の量が減りました。これは個人的には地味にうれしいメリットです。少しでも所持品が軽くなるのは助かります。

あ、そうそう。各社それぞれ、もっとポイントサービスやおまけ等が沢山あります。

ただ、私の様な飽き性な人間には若干面倒に感じ、これ以上調べていくと面倒になって電子マネー自体やらなくなってしまいそうなので深入りはしませんでした。
どの電子マネーも使いこなせばもっと様々なポイント付与やボーナスがあります。もっと節約のためなら突っ込んで調べられる方はどんどん調べてみるとよいかもしれませんね。