サイトの読込速度を、プラグイン導入で改善をしてみた

  • 2019年3月31日
  • 2019年4月1日
  • 雑記
  • 33View
  • 0件

サイト運営を初めて間もない私ですが、サイトにアクセスするまでの速度が非常に大事だということを、多くの方が解説していることに気がつきました。
そこで当サイトの読み込み時間は一体どんなものだろうと調べてみることにしました。

はい、ブログを書いている方であればよく知っているサイトですね。googleのサービスとしておなじみ「PageSpeed Insight」です。
このサービスは調べたいサイトのアドレスを入力すると、そのサイトがどの程度でアクセスすることが可能なのかを調べて評価(数値化)してくれます。

とりあえずどの程度の数値がでるかと試してみましたが、なんともひどい数値が出ました。

モバイル評価:30点
PC評価:65点

どちらも数回試しての平均点です。
いや、ひどいですね。特にモバイル評価。

そんなにいい評価をしてくれるとは元々思っていませんでしたが、予想以上に悪い数値です。
当サイト「くたぶろぐ」は、運営始めたばかりのサイトなのでまだ記事数も多くありません。

それがここまで悪いとは正直思っていませんでした。

さすがに焦った私は、ググりまくってサイトの接続速度が早くなる方法を調べてみました。

Lazy LoadAutoptimizeなんかがサイトの接続時間を短く出来るプラグインの代名詞のようです。
早速インストールと設定を行いました。

その結果がこちらです。

いかがでしょう。PC版は大幅改善されていますが、モバイルが良くなるどころか若干悪くなっています。

しかし、実際にスマホでサイトにアクセスしてみると、どうしてもそんなに遅いとは感じませんでした。何が悪いのかさっぱりです。

ちなみに利用しているスマホはMVNOです。
OCNモバイルONEを利用しています。

最低利用期間・違約金なし。電話とネットがずーっと月額料金980円~(税込1,078円~)※音声対応SIM OCN光モバイ…

OCNモバイルONEには通信速度を切り替えられる機能があり、低速モードでは通信容量を消費せずに無制限にインターネットを利用することができます。
低速モードでの通信速度は200kbps。決して早くないですが、無制限に利用できるのは大きな魅力です。

速度切り替えが出来ることを利用して、わざと低速モードで当サイトを表示させてみましたが、それなりに早く表示されました。
なぜ、モバイルの評価がここまで低くなるのかがわかりません。

結局のところいくら調べても、改善ができなかったので諦めることとなりました。

現在の「PageSpeed Insight」の評価を気にしすぎる必要は無いかもしれない

モバイルの評価が改善できないまま、時間が経過してしまいましたが、あるときgoogleのもう一つのサービス「testmysite」にたどりつきました。

他のトップブランドとご自身のモバイルサイトの速度を比較して、より速く快適なモバイルサイトを構築しましょう…

こちらはスマホでの表示のみの評価です。指定したサイトの評価をしてくれます。
そしてこれは当サイトの評価です。

おや?

評価は悪くない・・・どころかむしろ非常に良い評価です。
同じgoogleのサービスでどうしてこうも評価が違うのでしょう。

更にもう一つのサービス、「モバイルフレンドリーテスト」の評価がこちらです。

モバイルフレンドリーテストとはモバイルユーザーにとって、使いやすいサイトとなっているかどうかを評価するものとのこと。

こちらの評価も上々のようです。

あとから気がつきましたが、どうもPageSpeed Insightの評価はかなり厳しめで、改善策を講じても低く出ると、ブログ上で書いているサイト運営者が結構多いようです。

必要以上にPageSpeed Insightの評価が厳しいのかもしれません。

少なくとも私の速度の遅いスマホで、それなりに早く表示されています。

PageSpeed Insightの評価は、必要以上に気にする必要はなさそうです。

ただし、testmysiteやモバイルフレンドリーテストでも評価が低い場合は、ある程度の対策は必要と考えるべきでしょう。