NO IMAGE

【台風の対策・備え】今からでもやっておいた方がいい事

  • 2019年10月12日
  • 雑記
  • 27View
  • 0件

※今から書いていくことは可能な範囲で行ってください。すでに暴風に晒されているような地域では動かない方がいいです。あくまで自己責任でお願いします。まずは身の安全を確保するのが最優先です。※

 

こんにちは、管理人のくたです。
今回の台風19号、凄いですね。

前回も凄かったですがそれを超えてきそうな雰囲気です。

さて皆様、台風対策は済んでいますか?
済んでいなくても無理はいけません。やるにしてもあくまで可能な範囲で行いましょう。
自分の身の危険を感じるようなことはやってはいけません。

それでは今からでもできる対策を書き並べてみます。

 

準備は万全ですか?今からでもできる台風対策

家の中の備蓄はすぐ利用できるようになっていますか?
全くない場合は少しだけでもコンビニ等で買った方が良いかもしれません。
ただし、無理して外出してはいけません。
1日食べなくても生きられないわけじゃありません。

 

停電や断水に備え、水を汲んでおいたり充電用バッテリーを用意したり乾電池を出しておきましょう。

必要以上にスマホを使わないようにして、ある程度の電池の状態を維持しておきましょう。
緊急時に連絡できないのでは話になりません。

 

バルコニーの排水口はキレイになっていますか?詰まっていると水が溜まって部屋に浸水する可能性があります。
物干竿は掛けたままになっていませんか?飛ばされたら非常に危険です。
降ろしておきましょう。

 

外部に傘や鉢植えがありませんか?風が強くなる前に片付けましょう。
近隣の人を怪我をさせたり、建物等を破損させたら目も当てられません。

自転車を持っていませんか?自転車も念のため横に倒しておきましょう。
強風で倒れて周囲を破損させるかもしれません。

 

飛来物に備え、家(部屋)のシャッターを閉めましょう。シャッターが無ければカーテンだけでも。最悪でも、部屋の中にガラスが散乱する事態は避けられます。

 

最寄りの避難所を検索しておきましょう。
必要が無いに越したことはありませんが、念のためです。

 

台風の位置や状況を把握できる手段を用意する

なんでも構いません。

テレビでもスマホでもPCでもラジオでも。

台風の位置や状況を確認できる手段をいくつか用意しましょう。
停電しても確認できる手段があればベストです。

 

緊急時は他人は当てにならない

このような緊急時には基本、他人に期待してはいけません。

例えば平常時であればマンションであれば管理会社、戸建であれば近隣住民に相談することができるでしょう。

 

しかし、今回の台風の様な全員被害を受ける状況下では管理会社も近隣住民、それだけではなく警察や消防といった人たちだってまともに動けるとは限りません。

できうる限り、自分で何とかする。
自助努力が前提となります。