賃貸が得か戸建が得かは人による

  • 2019年1月27日
  • 2019年2月11日
  • 住まい
  • 57View
  • 0件

あちこちのwebサイト見ていると、賃貸と戸建ではどちらが得かという記事を見かけます。(この記事もその一つであるわけですが。)
この問いかけについての結論は、各サイト運営者やその記事を寄稿している方にによって意見は様々です。住んでいる地域や置かれている環境、その他個々人の収入や貯蓄等の要因が人によって違うのだから違って当たり前です。
そこを無視して一方的にどちらの方が得か、と結論を出すこと自体少し無理があると私は思うのです。

一つの例ではありますが賃貸と戸建住宅とで、それぞれ35年(ローンを組んだ場合の年数に合わせた)住んだ場合どのくらいお金が掛かるかをざっとではありますが考えてみました。

賃貸の場合

まずは賃貸マンションに住み続けた場合の概算です。
仮にあなたは月10万円の賃貸マンションを借りているとしましょう。
年間で考えると純粋な賃料は120万円かかります。そして大多数の賃貸は2年毎に契約更新(手数料1か月)がありますので2年で120×2+10=250万円です。

現実ではあまり考えられないことですが、仮に同じ部屋を35年借り続けたと仮定すると、さらに金額を17.5倍して4,375万円です。月10万円でも35年分と考えると結構な金額となります。
とはいえ、ずっと同じ場所に住み続けるというのも正直なところ考えにくいので、実際のところは複数回引っ越しを行う分転居費用が上記の金額に上乗せとなるため、もう少し金額は上がることになるでしょう。

住宅を購入した場合

次に住宅を購入した場合です。
仮にあなたは東京近郊で3,500万円の住宅を購入したとします。その際の頭金は500万円で残りは借入とします。

住宅保証機構(ローンシミュレーション)
https://www.hownes.com/loan/sim/repayment.asp

上記のサイトは住宅保証機構が運営しているローンに関するシミュレーションをしてくれる便利なサイトです。
そこで先ほどの条件、3,000万円を35年返済、変動金利で0.5%(2019年現在、金利0.5%以下の銀行が多数有)で計算すると・・・

35年後に返し終わるころには全部で3270万円ほど(保証料・手数料等は考慮せず)になります。
また、住宅を所有していると毎年固定資産税がかかります。これは所有している物件によって金額が大きく変わりますが上記の条件のような物件であればおよそ12万円程度ではないでしょうか。
それは35年分とすると420万円です。
さらに、当然ですが長年同じ家に住んでいればあちこち古くなり修繕が発生します。人によって考え方は様々ですが、住宅には10年超毎に外壁改修や水廻りの設備器機の交換といった物に大きなお金が掛かります。
しっかりと家のメンテナンスをしようと思うと、かなりざっくりですが35年の間に3~400万円は掛かるのではないでしょうか。

このように35年分で住宅に掛かるお金を考えていくと、3,500万円程の住宅を購入した場合、

500+3,270+420+(300~400)=4,490~4,590

上記のように、かなり大雑把な概算でも、少なく見積って4,500万円程度は掛かるということがわかります。

35年後にはどうなるか

35年後それぞれで何が違うかというと、どこかに住むための費用は結局のところそこまで変わらないかもしれません。
しかし、住宅購入を選択した場合には、ローン返済が終了したあなたの手元には晴れて自分の物となった家があります。それは本当の意味であなたの居場所であり、安らぎの場所であるかもしれません。
しかし逆に考えると、その家を所有するために掛けた35年という長い年月は、その周辺環境にしがらみという面倒な物を作り上げてしまっているかもしれません。それが嫌だという方は住宅を所有することには不向きだといえるでしょう。
逆に賃貸マンションで居続けた人は、不都合があればその都度住む場所を変えることが可能です。人との繋がりが薄いその生活は少し寂しい反面、とても気安いものであるかもしれません。結局のところ、その人にとって何が最良かはその人に寄るのです。

さて、あなたは賃貸と戸建住宅、どちらを選択しますか?