マンションと比べると戸建は夏暑く冬寒いは本当か?

戸建住宅は寒い
というのをあなたは聞いたことがありますか?

寒さだけではありません。暑さもそうです。
戸建はマンションと比較して夏は暑く冬は寒いと言われています。

それはなぜでしょう?

この感覚は主にマンションから戸建に移り住んだ人の感覚です。
元々戸建にいた人にはピンとこないかもしれませんが、マンションと戸建住宅とでは断熱性に大きな差があるのです。

 

 

くた
こんにちは、管理人のくたです。
今回は戸建の暑さ寒さについて、実際に体感すると戸建とマンションの温度差に驚愕します。

 

 

あなたの住まいさがし無料でサポート

 

 

 

戸建はマンションより夏は暑く冬は寒い、は本当か?

戸建が夏は暑く、冬は寒いというのは本当です。
全ての建物がそうだとは言いませんが、一部の住宅を除けばマンションの方が外気からの影響を受けづらくなっています。

 

今までアパート・マンションといった所謂「集合住宅」に住んでいた人が戸建住宅を購入し、いざ戸建に住んでみると実際にそう感じることが多いのはその為です。

私自身も体感したことがあるので、そう感じた人と同じ意見を持っています。

 

戸建はマンションより暑さ寒さをより感じやすいというのは事実であり、それには理由があります。
実は戸建住宅(主に建売住宅)はマンションやアパートと比較して外気に影響されやすい建物なのです。

 

多くの戸建住宅は賃貸マンションより住宅性能が劣っている

戸建住宅の性能は昔と比較すればはるかに良いものとなりました。
それでも、マンションと比較してしまうとまだまだ劣る部分が多いのです。

戸建とマンション、その二つを比較した場合、マンションは戸建住宅と比べて気密性が高く熱を通しづらい建物であることがほとんどです。

住宅における気密性の高さとは、簡単に言うと家(部屋)がどれだけ密閉されているかという意味合いになります。
これが低いと外気に影響されやすく、夏の暑さや冬の寒さに影響されやすくなります。

 

マンションから戸建に引っ越してきた人が感じる暑さ寒さとは、マンションと戸建住宅の気密性の差を暑さ寒さをとして感じるているのです。

 

気密性・断熱性能に差ができる一番の理由は窓

マンションであればワンルームであれば、窓が1つしかないと言った部屋も存在します。
しかし、一戸建ての住宅はそうではありません。

一戸建ての建物は建築基準法で部屋にはある一定量の採光を取らなくてはならない、といった数多くの決まり事が作られています。

 

その基準を満たしていない空間は、部屋として認めらませんし、下手をするとその家自体建築の許可をされない可能性があります。そういったことが無いように、その決まり事に沿って窓が設置されています。

そのため戸建住宅は、マンションと比べると窓が多く、建物全体で10カ所・20カ所と数多く窓が設置されています。
窓は壁や天井・屋根と比べると熱を通しやすいため、それが多くある分だけマンションよりも熱を通しやすい造りになっています。

 

最近の建物の窓はペアガラスになっていたり、2重サッシになっていたりと従来の建物よりも断熱性能が向上しています。
それでもそこから熱が逃げることには変わりなく、マンションと比較すると外気温に影響されやすい造りになっています。

そういった理由から、その両者の建物を住み比べた場合には戸建の方が暑さ寒さをより強く感じることなります。
そのため暑さや寒さの話に限ってみれば、住み心地はマンションの方が良い可能性が高いと言えるのです。

 

また、ある程度の年数が経過した建物は、サッシに入っているガラスは単板ガラスと呼ばれるいわゆる普通のガラスが入っています。

そういった建物の場合、断熱性などはなく外部からの熱の影響をそのまま受けます。
その影響を軽減したいのであればガラスだけでも高い断熱性能をもったガラスに変更するのも手です。

気になるのであれば、専門の業者に相談してみるといいかもしれません。

 

 

【ガラスのトラブル救急車】

 

外気に影響されるのは窓だけではない

建物を建てる際、壁の裏には断熱材を入れます。
その断熱材はピンからキリまであり、性能は物によって様々です。

しかしこの断熱材、性能によって金額が大きく変動します。
そして、世に数多く出回っている建売住宅等は断熱材のグレードはお世辞にも高くありません。
むしろ建物の金額を抑えるために、最低限の物が使われている事の方が多くあります。

そうなると、窓だけでなく壁面からも外気の熱気や冷気が伝わり、居室内に影響を及ぼします。

そのため、居室内でいくらエアコンや暖房器具などで室温を適温にしても、その器具を止めてしまうと、短時間で外気温に近づいてしまうのです。

 

 

余談:人気が無い中部屋は実は経済的な理由

あなたは同じマンション内でも部屋によって暖かさ・涼しさが異なるのをご存知でしょうか。
一般的には人気がないとされている中部屋ですが、夏の暑さや冬の厳しい寒さの影響を受けづらい、実は経済的でお得な部屋だったりするのです。

最上階は屋上に面しているし、角部屋は直接外壁と面しています。
さらに角部屋は部屋の側面に窓が設置される場合が多く、中部屋と比べると窓が多く設置されている場合が多いため外気の影響が大きくなります。

 

それ以外にも中部屋が外気に影響されづらい理由があります。

それは隣や上下階の世帯がとても優秀な断熱材となってくれるためです。こちらが何もせずとも周囲の部屋の住人は、夏はエアコンで部屋を冷やし、冬には暖房で温めています。

 

あなたの部屋を外気からシャットアウトしてくれるのです。
そのため、いわゆる中部屋と呼ばれる配置の世帯は、同じマンション内の最上階や角部屋よりも断熱効率が高く経済的だと言えます。

部屋探しをするときは角部屋や最上階を狙いがちですが、そういった観点から中部屋をあえて狙ってみるのも良いかもしれませんね。

 

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~