私がGoogle Adsenseの審査が通るまでの道のり

  • 2019年2月19日
  • 2019年2月20日
  • 雑記
  • 69View
  • 0件

Google Adsenseの審査に合格しました!

固定ページの方にサラッと記載しましたが2019年2月18日(月)にGoogle Adsenseの審査に通過することができました。

googleから審査に合格したよ!とメールが来たときには、自分の作っているサイトが認められた気がして何とも嬉しいものでした。


当サイトにも広告を載せることができるようになりましたので、早速設定作業。今後の記事には多少広告が混じる事となります。

まだまだ閲覧数の少ないサイトですがAdsenseの審査に合格することができました。この経験は一つのサンプルとして皆さんの役に立つのではないかと考え記事にしています。

審査に合格するまでの経緯と作業内容

初めて申し込みを掛けたのが1月31日でしたので、修正作業に約3週間掛かかりました。一番最初は記事も溜まってきたからと、特に何も考えずに申し込みをしたので当然のように審査には落ちました。
下調べもせず、準備なんてしてなかったわけですから当たり前と言えば当たり前です。

審査に落ちた後、私は先駆者の皆様のサイトを読み漁り、どうすれば良いか散々調べました。

そしてわかったのは審査に通るための絶対の方法は無い、というものです。
ある程度「こうすれば合格しやすいよ」みたいな記事は山ほどありましたが、必ず通る方法はみつかりません。
後から気が付きましたがGoogleが明確な合格基準を打ち出していない事が理由ですね。これだと絶対合格すると書いたら嘘つきになるわけだから書けないのは当たり前です。

 

合格するために実際に行ったこと・行わなかったこと

  1. プライバシーポリシーの作成
  2. 問合せ先の作成
  3. 記事自体の文字数の増量
  4. 作りかけのページを非公開に変更
  5. 類似の文章が他サイトで掲載されていないかのチェック
  6. 既存記事の修正中は新しい記事は未投稿

審査にかかわる予想

・PV数は多分関係なし
 2019年2月18日(月)時点での当サイトのPV数は100ちょっと。ほとんど見られていないと言っても過言ではない。

・審査は2段階ある気がする。
 明らかにダメな所があると即ダメですとメールが来る。(最短で申し込みから2時間程度で来ていた。)
合格の際は返事が丸一日近く掛かっていた。
恐らく自動判定のようなものがあり、それを通過したサイトだけ手動でチェックしているのではないだろうか。

・アイキャッチ画像利用も多分関係なし
当サイトでは全ての記事にアイキャッチ画像を設定していた。記事中には画像掲載はしていないので、そちらに関しては掲載に関する良し悪しは不明。

・リンクも多分関係なし
記事の内容に応じて別サイトのリンクを張っていた。

・YMYLであっても内容がいいと判断されればよい?
このサイトは不動産系の情報もよく扱っていため絶対ダメというわけではない模様。ただし情報の正確性・専門性はある程度も求められると予想。また、記事の文字数も重視されているのではないだろうか。

・記事ごとの内容・文字数について
文字数については全体で1,000文字程度だったものを大幅に増量、最大で3,000文字程度、平均でも1,500文字くらいにはなっているだろうか。
内容についてもコピペチェックサイトで類似の文面がないかチェックして、出来るだけ類似性が低くなるように修正。
いくつかの記事はどうしてもどこかのサイトに似てしまい、完全に修正しきるのは無理でした。

・新しい記事の投稿について
実際のところは定期的に投稿していた方が良いのだろうと考えられる。
それでも、私は既存記事の修正の方に力を入れるべきと考えそちらに集中した。

この記事もやっぱりほかのサイト同様予想です。絶対ではありませんのであしからず。