一人暮らしを始めるなら買い物しやすい場所が最優先である理由

一人暮らし

今回は4月から上京して一人暮らしを始める方向けの記事です。

 

心配
上京したらついに一人暮らし始まる。楽しみな反面不安も大きいな。
今までは買い物とかも親がやってくれていたけど、自分でやるとなると結構面倒だ。
慣れるまでは大変だろうなぁ。

 

自分のことを全て自分自身でやるって、本当は当たり前の話なのですがいざやってみると以外と大変です。
でも、上京してしまったら身の回りの世話をしてくれる両親はもういません。
全て自分自身で何とかしなくてはなりません。

 

こんにちは、管理人のくたです。
今回は「一人暮らしにおける買い物」についてです。

 

くた
不便な場所に住んでしまうと、買い物ですら面倒になるよ!

 

 

実際に住む場所はどんな物件がいいか

これから一人暮らしをするというあなたはおよそあと2ヶ月程度、3月頃には新居に引っ越しをすることになっているはず。

引っ越し先はもう決まりましたか?
もしまだ決まってないのであれば、引っ越し先の候補は出来るだけ食材や生活雑貨を販売しているお店が近い場所がいいです。

もちろん便利なところ程家賃が高くなる傾向にありますが、買い物に不便だという立地の物件は選んではいけません。
別に必要以上に便利な街を選ぶ必要はありません。ある特定の店舗が自分の帰り道にあれば良いのです。

 

くた
具体的に日々の食材や生活雑貨を買える店舗が近くにあることだよ!

 

あとは通学(通勤)の距離。
値段を重視するあまり遠すぎる物件を選んではいけません。

通勤自体が大変になることもそうですが「時間的なゆとり」がなくなるため生活が乱れやすくなります。

 

下記リンクはアットホームによる独自調査の通勤に関するアンケートです。

不動産情報の総合サイト【アットホーム】なら賃貸・購入物件探しはもちろん、気になる相場情報、不動産会社検索など不動産・住宅…

 

通勤時間に関してはおよそ1時間程度が平均のようです。

くた
1時間って結構遠いよね。

この通勤時間片道1時間。
実際にやってみればわかりますが結構大変です。

往復にしてしまうと1日2時間の時間が無駄になります。
また、通勤時間が長ければ長い程、遅刻しないように15分早く出かけるなど時間的なゆとりを持たせたりして、さらに余計な時間を浪費します。

そんな無駄な時間の積み重ねで時間が足りなくなったり、睡眠時間が短くなったりする人が大勢いるのです。

理想を言ってしまえば通学(通勤)に掛かる時間は限りなく0に近い方が良いわけです。

 

くた
会社が近すぎるとそれはそれで面倒が発生する場合もありますが、それはまた別の話。

 

 

買い物って実は結構面倒だから、住むのは店が多い場所がいいよ

買い物

 

住むなら通学(通勤)に便利なところが良いと少し前に言いました。
が、それが最優先ではありません。

通勤時間と同じくらい優先した方が良いのが、近場にある程度の店がそろっている「買い物がしやすい」ということです。

 

いくら通学(通勤)に時間が掛からなかったとしても、住まいのまわりにほとんど店がないのでは利便性が高いとは言えません。

住んでいる場所の近くに買い物できる場所がないと、せっかくの休みに一週間分の食材リストにまとめて買い物したりする必要があります。

くた
はっきり言ってかなり面倒臭い。

 

買い物のためだけに移動時間や手間が掛かってしまいます。
せっかく通学(通勤)時間を減らしたのに本末転倒です。

そうなるくらいなら多少離れても買い物ができる場所の近くに住む場所を変えた方が良いでしょう。

 

家の近くに絶対欲しい店はどんな店?

一人暮らしにを始めるときに近くにあったら良い店、というより必須である店は「食品を買える店」「生活雑貨を買える店」の2点です。

くた
他の物は今の時代どうとでもなります。

といってもあれば何でも良いというわけではありません。
店によって売っている物の値段や質が違います。

 

初めて一人暮らしをする人が、例えば「オーガニック食品」ばかり並んでいる値段の高い店が近所にあったとしえも金銭的な問題でそれほど利用できると思えません。
必要なのは「程々の食品が安価で並んでいるスーパーマーケット」です。

今はスマホ一つで近所にどんな店があるかを簡単に調べることもできます。
部屋を探すときにあらかじめ普段の買い物はどこでできるかというのを調べておきましょう。

 

こんな店があったらいいという具体案

では実際にどんな店があったらいいか。
出来るだけ誰でも知っていそうな、店舗数の多いところで考えてみました。

 

 

まずはドラッグストア。
メインは薬局ですが結構生活雑貨や食品が売っています。
特にセイムスが個人的にはオススメです。

セイムスは富士薬品が運営しているドラッグストア。
営業時間がそこそこ長く近くにあると非常に便利なお店です。

 

ローソンストア100は普通のローソンとは少し違います。
100円ショップとスーパーをミックスしたようなスタイルです。
雑貨も多少売っています。

そして24時間。便利すぎです。
難点は店舗数。東京や大阪などの非常に栄えている地域以外ではあまり店舗数が多くありません。
というか大半の都道府県には1店舗も存在していません。これから伸びるでしょうか・・・?

 

ダイソーなどの100円ショップは言うまでもありませんね。
安価な雑貨が一部の例外を除けば100円で売られています。
一人暮らしをする上ではこれほど助かる存在も無いかもしれません。

 

SEIYUなどの一部のスーパーは24時間、もしくは夜間までやっていたりします。
遅い時間にはお弁当などがタイムセールで3割引きや半額などと非常に安価で購入できる可能性があります。
デメリットは夜間になると、品揃えが悪くなることです。
商品が入ってくるのが朝でしょうから仕方ないですけどね。

 

時代の流れに逆行するかもしれませんが、営業時間が長いところは一人暮らしにとっては非常にありがたい存在です。
それを考えるとコンビニも候補に挙げても良いかもしれませんが、値段が高いというデメリットがあります。
節約の観点から考えるとコンビニは出来るだけ利用するべきではありません。(先ほどのローソンストア100はまた別。)

 

 

 

まとめ

部屋を借りるときにはただ移動時間が短くなればいいというだけではりません。
日常的に行う行為、買い物も便利であることが必須条件です。

部屋を決める前にその近隣を調べてみて買い物が簡単にできそうで無ければその物件は避けて置いた方が無難でしょう。

住まいの近所にあった方が良いお店の条件は下記の通り

  • 食品・生活雑貨を購入できる
  • 近くにあって安い
  • 営業時間が長い
くた
どれか1店舗だけ近くにあるとしたらどれが良いだろう。
個人的には「セイムス」か「ローソンストア100」かなぁ。

今回は以上です。

 

 

 

くた
一人暮らしについてのまとめ記事もあるよ。
良かったら見てみてね!
関連記事

こんにちは管理人のくたです。この記事は一人暮らしについてのまとめ記事です。 くたこれから一人暮らしを始める人、もしくは一人暮らしを始めたばかりの人向けの記事をまとめてみたよ! […]