年末の大掃除はどこからやる?とりあえず大きな物と水まわりをやろうぜ!

  • 2019年12月29日
  • 2020年1月25日
  • 住まい
  • 96View
  • 0件

クリスマスも終わり、後は年を明けるのを待つだけとなりました。
といっても、年末には残っているものがありますね。

そうです、大掃除です。

 

そうはいってもここ近年、イベントや毎年決まった行事なんかが少しずつ簡略化されていますよね。
大掃除なんかもその中の一つ。簡略化されている行事の一つではないでしょうか。

こうしてイベントや行事、季節感が無くなっていく気がしているのですがこれも時代の流れなんでしょう、仕方がありません。

 

話がそれてしまいそうなので戻します、大掃除です。

 

大掃除を簡略化するのはいいかもしれませんが、その中でも簡略化せずにやっておいた方がよいと言う内容はあるものです。

 

こんにちは、管理人のくたです。
今回は簡略化せずやっておいた方がよいものについて考えてみます。

 

 

大掃除を簡略化するなら大きな物の処分と水まわりの掃除だけはやっておこう

なぜこの二つだけはやっておいた方がよいか。

理由はとても単純です。

 

大きな物を処分するのは手間が掛かります。そして何かのきっかけが無いとなかなか捨てられないもので、気がつくと家の中も物置なんかでそのまま置きっぱなしになるからです。
そのような物が多くなるにつれて部屋の使えるスペースが減っていきます。

いらない物のために、部屋が使えないのは非常に勿体ないことです。
年末の大掃除というのは非常に良いタイミングです。思い切って捨ててしまいましょう。

 

そして水まわり。

汚れているだけなら、正直別に支障はありません。
しかし、あまりにも放置して汚れが溜まっている状態ですと、ある日突然詰まりが発生して漏水を起こす可能性があります。

その「ある日」がもしかしたら年末年始かもしれません。お正月早々漏水なんて発生したら大変です。なにしろ対応してくれる業者はほとんどいません。いたとしても非常に割高です。

 

また、賃貸の場合で掃除を怠ったという理由で、排水の詰まりが原因による漏水は住んでいる人に対して金銭的な責任が発生する可能性もあります。
対応するための費用だけならまだ何とかなるかもしれませんが、下層階の住人へ被害が及んだ場合、その補償を求められます。
そしてその額は驚く程高いことが多いので、本当に注意が必要です。

ちょっと掃除するだけで回避できる問題です。
面倒臭がらずにやっておきましょう。

 

 

設備の異常も連休中に発生すると本当に大変だよ!

連休前になんかおかしいなと感じていた設備はありませんか?

例えば給湯器。
最近調子が悪かったりしませんでしたか?

これがお正月のような連休中に故障したら大変です。
先ほどの水まわり同様、業者は簡単には来てくれません。(来たとしても非常に割高)

 

来てくれたとしても、給湯器なんかは簡単に治るとは限りません。
場合によっては交換が必要な場合もあり、当然その場では対応できません。
お正月は品物も手配できないため、そのまま年明けの対応になる可能性は非常に高くなります。

 

そんなことにならないためにも、「なんか調子悪いな。」と感じているのであれば早めに業者にチェックしてもらいましょう。

 

お正月を気持ちよく迎えるために

誰しも連休は気持ちよく迎えたいもの。

そのためにも、周囲のごちゃごちゃしたもを整理したり、後から発生しそうな面倒ごとをあらかじめ無くしておく事が大事なのではないでしょうか。

 

まもなく今年も終わりを迎えます。
新年があなたにとって良いものでありますように。