NO IMAGE

エポスカードからEPOS Payとかいう新サービスの案内が届いたようです。

エポスカードの新サービス「Epos pay」

先日、エポスカードのアプリにこんな案内が入りました。

f:id:kutakuta000:20180829211337p:plain

「ご案内のお客様限定」という事ですが、EPOS Payという新サービスの試験運用のようです。中野限定ということのなので利用できそうな場所にいる人に送っているのでしょうか。

どういうものか読み進めてみると、どうやら「LINE Pay」や「楽天ペイ」と同様のQRコードによる決済サービスです。

現在自分自身ではQRコードによる決済は利用してはいないのですが、実際どうなんだろうかと思い調べてみたところ、およそこんな感じの様でした。

決済方法は2パターンあるようで、ユーザー側がバーコードを表示させたものをPOS端末(レジ)で読み取るか、店舗側で用意しているQRコードを読み込み金額を入力して支払いを行うとのこと。

んー・・・正直ちょっと、いやかなり面倒くさい。
今のところ私は「LINE Pay」や「楽天ペイ」等も含めて、QRコードを利用する決済手段は今のところ利用はしていません。
QRコード決済がもっと普及して、ある程度どこでも利用できるようになれば別ですが、そもそも利用できる場所が少ない。
このEPOS Payも上記2つと同様でしばらく利用する事はないと思われます。

最近では「paypay」という新しいサービスも開始されました。こちらは開始当初、利用者全体で100億円還元という通常では考えられないキャッシュバックを行って話題になりましたが、その後はあまり話題になりませんね。あまりニュースにはならなかった気がしますが、サービス開始当初はクレジットカードへの不正な紐付けが可能だったりとセキュリティにも若干の不安があるのもマイナス要因ですね。

EPOS Payに話題を戻します。
2019年1月現在も試験運用から新しい情報がありません。おそらく使える店が少ないのも変わってないのでしょう。
以前もほとんどがエポスカード(丸井)の本社がある中野周辺のお店でしか対応していませんでしたが、新しい話題がないままだとそのまま忘れ去られてしまいそうです。
今後の展開に期待・・・してよいのでしょうか。

この記事を投稿してから結構な日数が経過しましたが、新情報も特にないようです。やはり日本ではQR決済の普及は厳しいようです。

追記
経済産業省は「支払い方改革宣言」においてキャッシュレス決済比率を、2025年までに40%程度に引き上げる
ことを目指しているようです。
また、「キャッシュレス推進協議会」なるものを立ち上げ以下の様な活動を続けていくと提言しています。

  • QRコード支払い普及への対応(標準化の取組)
  • 消費者・事業や向けのキャッシュレス啓発
  • 関連統計の整備 等

ただし、「詳細は今後、協議会内で決めていく方針。」とのこと。
どうなんですかね、これ。