折り返し電話を下さいという連絡の煩わしさ

折り返し電話を下さい

 

これ、凄く面倒だと思いませんか?

これが伝言であっても留守番電話であっても、煩わしさは変わらない。

 

とにかく「俺に掛け直してこい」という趣旨の連絡が面倒なわけです。

 

こんにちは、管理人のくたです。
基本、電話が好きではありません。
後先考えなければ、投げ捨ててしまいたいほどには。

 

折り返し電話を頼む人の無神経さ

冒頭から「酷い事を書いてるなぁ」と自分でも多少は思わなくもないですが、よくよく考えてみると、ただ面倒なんじゃないと気が付いた。
折り返すように頼んでくる人の思い・思惑が透けて見えるからイラッとするのではということに気が付いた。

では「折り返し」を頼んできた人間の思惑とは何か。

  • 電話してきた人間が再度電話する手間を省くため
  • 相手の事を下に見ている(意識的かどうかは別)

 

多分こう言うことではないかな。少なくとも私はそう感じる。

少なくとも、私は相手に折り返し電話を頼むことはしない。
相手に僅かとはいえ負担を掛ける行為であるし、「俺が掛けてきているのだから折り返してこいよ」とは思えない。

 

電話自体が煩わしい行為だとすら思っているから、用事があるなら自分で電話をするようにしているのだ。基本的には「こちらからまたお掛け直し致します。」が基本となる。

 

だから折り返しを頼んでくる人にある種の「無神経さ」を感じるのだ。

 

関係ないであろう人を巻き込む

折り返しを頼むということは電話を受けた人間は、用事がある人とは別人ですね。
(職場等であれば同じ職場内の人間ということで全くの無関係ということではありませんが。)

で、折り返しを頼んだということは連絡先や名前を記録するために、掛けてきた人間の言うことをしっかりと聞かなくてはなりません。

 

折り返しを頼むだけならまだいい方で、人によっては「たまたま電話に出ただけの人」に対して要件までベラベラ話し始める。ばかなんでしょうか。

当然ですがたまたま電話を受けただけの人には要件が分からないわけですから、話す意味が無い可能性が高い。聞くだけ聞いて当人に伝えるだけです。

言ってしまえば電話にたまたま出ただけの人の時間を奪い、手間を取らせています。

 

電話の折り返しを頼むことで

伝言した相手に手間が掛かり、時間を奪う。
実際に折り返す人間に手間を掛け、時間を奪う。

少なくとも2人の時間を奪っている。

 

自分が何かを依頼する側ならまだ理解できるけど、そうじゃない事も非常に多い。

例えば顧客に折り返しを頼む営業とか。

やっぱりバカなんじゃないかと。

 

ちなみに、この手の電話を折り返さないと烈火のごとく怒る人がいる。

支障が無いのであればその先の付き合いを止めてしまうのも手かもしれない。