【親から離れたい人へ】一人暮らしをするための具体案

親と仲が悪い

親元を離れたい、実家を出て兄弟姉妹と別の生活を送りたいといった一人で生きていきたいという願望をもった人というのは意外に多いようです。

親元検索結果

 

くた
google検索で「親元」と打つと「離れたい」みたいな検索候補が結構でる。
逆の意味の検索候補もあるけど。

 

反りがあわないと一緒に生活をするというのは精神的に辛いですよね。
親や兄弟姉妹という家族であっても、考え方が合わないという事は十分にあり得ます。

それであればいっそのこと親元を離れて一人暮らしを始めるも悪くありません。

 

20歳以上であれば自分の意思で引っ越すことは可能です。
未成年の場合、高校生くらいまでは親元を離れるのは難しいかもしれませんが、卒業後であれば親を納得させる十分な理由を作れば可能です。

一度一人暮らしを検討してみましょう。

くた
逆に言うと両親との話し合いが不十分だと揉める原因になるよ!
未成年の場合は特にしっかり解決しよう!

 

こんにちは管理人のくたです。
今回は親元を出て早く自立をしたいという方向けの記事です。

 

今回の記事は人によっては不快に思われるかもしれません。
暗めの話が苦手という方はブラウザバックをお願い致します。

 

 

実家を出ることについて考えてみよう

反りの合わない身内と一緒に居続けるとお互いストレスが溜まります。

近くに居ることによってストレスを溜めてしまうくらいであれば、一度離れて暮らすことをおススメします。

今まで感じていたストレスがなくなり関係が良くなることもありますし、少し距離を置いたことで逆に親が近くに居たことの有難みが分かったりという事も考えられます。

 

離れたことによって親元に居たときの方が良かったと感じるのであれば、また戻れば良いだけの話です。

もし思わなかったとしても、そのまま一人暮らしを続ければ良いわけです。
ほとんどデメリットはありません。

あえてデメリットを挙げるのであれば、親元にそのまま居るよりはお金が掛かることですが、いずれ自立を考えるのであれば、それが少し早まっただけの話。

 

自立をするのは早いに越したことがありません。
とはいえ、自立には責任が伴います。
自分のことは自分でやらなくてはなりません。

逆に言えば自分のことを自分で面倒見られるのであれば、これほど気楽で自由な生活はありません。
一度本気で一人暮らしを検討してみてください。

 

くた
自由と責任はセットだよ!

未成年の場合はどうなる?

今までの話はすでに成人していればの話。
実際の所、高校生くらいまでは一人暮らしは現実的ではありません。

では高校卒業後ならどうか?

大学生やすでに就職済という方であれば、一人暮らしをしている人も割といます。
といっても自分勝手に部屋を借りてくると言うのは簡単な話ではありません。

そこはやはり未成年。
大家さんも簡単に部屋を貸してはくれないのです。
そのため、親名義で部屋を借りたりする方も少なくありません。

 

未成年の賃貸借契約は有効か?

未成年でも賃貸借契約自体は有効です。
しかし未成年の行う法律行為(この場合は賃貸借契約)は親権者の同意が無い場合は取り消すことができてしまいます
そのため未成年が単独で契約することは大家さんが認めない事が多く、現実的ではありません。
部屋を借りるためには両親の承諾が必要と考えるべきです。
ただし、未成年であっても結婚をしている場合はその限りではありません。

 

親を説得する十分な理由って?

冒頭で触れた親の説得。
これが一番の難関かもしれません。

成人した社会人であれば一言「一人暮らし始めるから!」で済むかもしれませんが、未成年となるとそうはいきません。

 

学生の場合は説得材料はやはり進学でしょうか。
自宅から通うには無理がある距離の学校であればどこかに部屋を借りなくてはいけません。

とはいえこの意見を通すには親が納得するであろうレベルの学校に行くのが前提になってしまうのが難しいところ。学力が見合わなければ「地元の学校でいいんじゃない?」と相手にしてくれないかもしれません。

進学に説得力を持たせるには一定水準の学力が必要なので日頃の行いという話になってしまいますね。

 

くた
親が納得しなければ学費も出して貰えない!

 

同じ未成年でもすでに就職している場合は微妙なところです。

働いているのだから独り立ちしているとも取れますし、年齢的には親の庇護のもとにあるとも考えられます。

この場合は独り立ちしていることを前面に押し出して説得、それがだめなら成人を待って一人暮らしをすると宣言するしかありませんね。

この場合は部屋を借りるときの保証人に親を当てにできなくなます。
不動産屋さんと相談して、保証会社を利用することになるでしょう。

 

くた
保証会社は保証人の代わりに利用できるシステム。
でも、保証料として多少のお金が掛かるよ!

 

通常の物件だと初期費用で家賃の数カ月分もかかるのが普通です。
親からの援助を期待できないのであれば、予算は極力抑えたいところ。

不動産業者によっては低価格の物件やシェアハウスといった予算を抑えた住まいを専門に仲介している不動産業者もいます。

 

くた
予算的な事情があるのであれば、それが得意な不動産業者を中心に物件探しをするのがおススメ!

 

一人暮らしを始めるために考えること

一人暮らし

初めて一人暮らしをする前にまず考えなくてはいけないことは生活費と住む部屋の確保です。
そのための考えなくてはならない事はおよそ以下の通り。

  • 毎月の生活費をどこから捻出するか
  • 住む場所はどうやって決めるか

この2つの目星をつけておかなければなりません。

 

一人暮らしのための生活費はどうするか

封筒に入ったお金

生活費の確保は何より大事です。
これが確保できないのであれば一人暮らしどころではありません。

社会人であれば金額はともかくとして毎月お給料が発生していますね。

そこから逆算して

  • 生活費
  • 住む部屋の初期費用
  • 毎月の賃料

これらを確定させて下さい。
この辺りは新社会人が賃貸で一人暮らしを始めるときの費用はどのくらいか?という記事で説明しています。

 

問題は学生の場合です。
両親が生活費を負担してくれるのであれば問題ありませんが、全ての家庭がそれをできるとは限りませんね。

その場合は自分で家賃や生活費を捻出しなくてはなりません。
その場合はおよそ以下の2つになると考えられます。

  • 奨学金
  • アルバイト

 

奨学金は言うまでもなく借金、借りたら返すが基本です。
学業を修めて相応の就職をするという明確な目的があって借りる価値が有るものです。

そしてアルバイト、働いた時間の分だけお給料が確実に手に入ります。
奨学金の不足分と穴埋め的に働くのがオススメです。

 

くた
アルバイトに精を出しすぎるのは本末転倒。
あくまで学業をするための資金を得る手段だよ!

 

今の時代副業やフリーランスという稼ぎ方も考えられますが、それらの稼ぎ方は即効性も安定性もありません。

学業をするための資金を得る手段としてはあまりオススメできません。
ただし元々経験があって稼いでいるのであればその限りではありません。

 

一人暮らしのための住まい探し

不動産屋

次は住む場所を考えましょう。
住む場所の探し方は知ってしまえばそう難しいものではありません。
下記の手順通りに進めていきましょう。

 

  • ネット(ポータルサイト)で賃貸物件を見てみる
  • 物件を掲載している不動産屋さんに問い合わせをする
  • 不動産屋さんを訪ねて部屋を案内してもらう
  • 部屋を借りる(賃貸借契約
  • 引越し業者の手配
  • 転居先の電気・ガス・水道の開栓手続き
  • インターネット接続の手続き
  • 引越しに向けて荷造り
  • 引越し

引越しまでの手順はこのような感じです。

くた
結構面倒臭いね。
でも、大事なことだよ!
部屋探しについての具体的な話は【初めて一人暮らしをする人へ】失敗しない部屋探しの手順を紹介するよ!にて説明しています。

 

費用を抑えるための業者選定

部屋を借りるときにはまずはネットで住みたい地域や、その地域の賃料の相場観を確認しておきましょう。
ポータルサイトで部屋をいくつか見ればその地域の相場がある程度把握できるはずです。

 

くた
余程の理由が無い限り賃貸物件は飛び抜けてお得という物件はないよ!
余談です。
ポータルサイトを見ていると同じ物件が並んでいることがありますが、それには理由があります。
興味があるようでしたら【不動産賃貸】物件情報サイトに何個も同じ部屋がのってるけど?を読んでみてください。

 

ある程度物件の把握ができたのであれば実際に不動産屋さんに行って部屋の内覧です。
初めて不動産屋さんに行く方はちょっと緊張するかもしれませんね。

でも、大半の不動産屋さんは親切丁寧に部屋を案内してくれるはずです。
もしそうでなかった場合でも特に心配する必要はありません。

別の不動産屋さんでも大半の賃貸物件は紹介することが可能だからです。
これについては【今、部屋探しをしている人へ】不動産屋さんは実はどこでもいい理由にて説明しています。

 

くた
いくつか訪ねて、対応や初期費用を比較してみるのもいいよ!

 

ところで部屋探しの時の賃料はどの位で考えていますか?

 

全く決めていません・・・

という方はあまりいないでしょうが、何となくこれくらいで金額を決めていると言うことも少なくありません。

賃料を決めるときはその金額を払った上で生活が成り立つかが重要です。
だからこそ部屋を借りるときの賃料や初期費用の金額は抑えるようにして下さい。
少しでも賃料が安い部屋を見つけることが安定した生活に繋がります。

賃料を安く借りる方法は賃貸で少しでも安く借りるまでの手順と時期で説明しています。

 

くた
ここまで読んでくれたあなたなら、部屋探しについて大きな失敗はしないはず!
良い部屋さがしになるといいね!

 

しばらくは一人暮らしを満喫してみて、その先は?

一人暮らしを始めると環境が変わったことにもあり、しばらくはその生活が楽しくて仕方がないというひとも多いはず。

でも、数ヶ月もすればある程度落ち着いて自分と家族との在り方について見直す事ができるかもしれませんね。

 

くた
実際自分自身がそうだったよ!

 

家族との共同生活は、鬱陶しいながらも有りがたいものだったという人も多いはず。
もしかしたら、すでに地元に帰りたいと思っているかもしれませんね。

逆に今の生活の方が良い、自分にはこっちが向いていたという人だっていて当然です。
どっちかというと個人的にはこっち寄りでした。

 

考えてみれば何の不思議でもありません。
別に家族間の仲の良い悪い関係無しに共同生活が向いていないという人も居るのですから。
私を含め、一定の距離があった方が家族と上手くいくというのは良くある話です。

だから今現在家族との共同生活に悩んでいるのであれば、一度離れてみるのを私はオススメします。

 

今回は以上です。
ありがとうございました!

 

くた
あまり明るい話ではなくてごめんね!